FC2ブログ

のんびりあせらず適度に雑記

弁護士を気軽に利用していじめ問題を解決しよう!

この記事はレビューブログからの紹介記事です

お子様がいる方にとって一番心配なのが「いじめ問題」。
最近のいじめ問題は度を越すものが多く、子供同士の問題とは言い難くなってきました。
このいじめ問題はどんどん増え続け、現在ではいじめの認知件数が約41万件という想像以上の数になっています。
認知されている分でこれだけなのですから、誰にも相談できず一人で解決しようとしている子供の数も含めば一体どれだけの件数になるのか…。

子供のいじめ問題は対応がとても難しく、初動対応で誤ると「いじめを立証するための証拠が不十分」になってしまったり、「精神疾患により不登校」になることもあります。
出来る限り避けたいところではありますがどういった対応をとるのが一番なのでしょうか?

そこで利用したいのが「いじめ保険」。

子供のいじめで弁護士を気軽に利用出来る保険なんです。
いじめくらいで弁護士なんて…と、お思いの親御さん、いじめはそんな生易しい考え方で解決できる問題ではないんです。
いじめられている子供は必死に生きて、必死に助けを求めているんです。
子供の世界は大人が見ているそれとは違い、ものすごく狭いものなんです。そんな狭い世界で仲間外れにされてしまうことがどれほど恐ろしいことなのか…。
私自身も軽いいじめに遭ったことがあるので少し分かるんですよ。暴力的ないじめではなく、無視をするという、大人から見ると大したことない事でしょうが、当時子供だった私には本当に恐ろしく絶望的な出来事だったんです。
今日も明日も明後日もずっとひとりぼっちで生きていかなくてはいけない。親にも先生にも言えない。
年数にすると2~3年くらいのあっという間の時間でも被害者にとっては何年も続く地獄に思えるんです。

だから問題解決のために使えるものは出来る限り使っていこうじゃありませんか。

弁護士保険を利用する時のメリットは、「電話で無料相談が出来ること」「それぞれのトラブルに応じた情報を弁護士から得ることが出来る」「弁護士を利用することでかかった費用の一部が補償される」ことです。
それぞれのトラブル、いじめに対する適切な対処法のアドバイスは問題解決の強い武器になります。
どんな証拠が有効なのか、どう動けばいいのかのアドバイスを受ける事ができると、初動対応を誤らなくて済みます。

また問題解決時に学校側や加害者側への損害賠償請求をすることが出来ます。
なんといっても弁護士のメリットといえばこれでしょう。
証拠さえ揃っていれば相手側に慰謝料や治療費を請求することが出来ます。
また、いじめとの関係性が認められた転居の場合は、その転居代も請求することが出来ます。

子供のいじめだけではなく、ママ友トラブルにもこの保険を利用出来ますので、親子で加入してみるのはいかがでしょうか。
一人だけで悩まず笑顔で生活が出来るように、万が一の時の為に、是非「いじめ保険」をご利用ください。


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
スポンサーサイト
2019年05月27日 | ReviewBlog | トラックバック(0)件 |
プロフィール

ゆのじ

  • Author:ゆのじ
  • のんべんだらりといきています。

    日記というかテーマに添った事しか書いておりませんが。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
レビューブログ
ライフメディア
ライフメディアへ無料登録
ブログ広告.com