のんびりあせらず適度に雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯科治療の水が危険って本当!?

この記事はレビューブログからの紹介記事です

みなさんは歯を大事にしていますか?虫歯などありませんか?
私は虫歯…というわけではなく治療した歯の調子がよろしくなくて4月頃に歯医者さんのお世話になったばかりなんです。
毎回歯医者さんに行くたびに「あぁ、歯は大事にしないとなぁ…」と思い知らされるのですよね…。

さてそんな歯医者さんに関する話題なのですが、去年の読売新聞にこんな記事がありました。



なんと歯医者さんで使用されている水が汚染されている!?
でも歯医者さんって水を大量に使用しますよね?「口をゆすいでください」と言われてうがいする時に使ったり、歯を削る時にも水を出したりしています。
そんな水が汚染されているって…なんだかとてもじゃないけど信じられません。
私が先日治療した方法は歯の奥の方にたまった細菌をしっかり殺して無菌状態にするという治療でした。それなのに使っている水が細菌だらけだったのだと思うと…治療に意味がないですよね?
全ての歯医者さんがそうだとは信じたくありませんが、新聞に載ってしまっているのですから少なからずそういう場所もあるのでしょう。
記事を読んでみると、歯科チェア内でどういう水の動きなのかが説明してあります。
消毒の対策が不十分な為、水が流れる管の中に細菌がいると増殖するようです。
こうした汚染水での治療は大丈夫なのか不安になりますが、人の口内というのは元々細菌が多いので感染して病気になるなどの大きな問題はないみたいですが、免疫力の衰えた人ならどうなるか…可能性は0ではないようです。

こういう事実を知ってしまうと歯医者での治療も怖くなってしまいますね…。
ですが国内唯一の団体である「特定非営利活動法人POIC(R)研究会」が定期的に院内の細菌数をチェックし、細菌数が0を保てている歯科医院のみ「認定施設」としているそうなので、汚染水での治療が怖いと思われる方は認定施設を探して治療するといいでしょう。
こういう施設がもっと増えてくれるといいですね。

水道の水質基準や消毒システムについて、もっともっと国に考えて欲しいなと心から願います。


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


スポンサーサイト
2016年06月04日 | ReviewBlog | トラックバック(0)件 |
レビューブログ
ブログ広告.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。